ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、税理士
などの専門家が老後の生活をサポートいたします

有料老人ホームや高齢者専用賃貸住宅など
高齢者の住まいに関する相談を受付けます
ライフ・トータル・コンサルティング  



用語の説明

介護老人福祉施設

「特養」と呼ばれる「特別養護老人ホーム」のこと。介護1〜5に認定された高齢者が入所できます。月間5万円前後で安価ですが、入所待機が2,3年になることもあります。個室化も始まっていますが、まだまだ大部屋(相部屋)が多い。


■□■□■□■□■□■□■


介護老人保健施設

病院と自宅との中間施設という位置づけで、退院後すぐに自宅に戻れない人のためのリハビリ施設ともいう。入所期間は3ヶ月程度となっており、いずれ退所しなくてはいけません。


■□■□■□■□■□■□■


ケアハウス

比較的自立した方(身の回りのことを自分でできる人)が暮らせる施設です。原則個室で食事サービスが付いているケースがほとんどです。介護度が重くなった場合には退去せねばなりません。


■□■□■□■□■□■□■


グループホーム

軽度の痴呆高齢者が家庭的な環境で暮らす施設です。9人が1ユニットとされており、個室での生活が基本で、食堂やお風呂など共有して利用します。


トップページ
ご挨拶
有料老人ホームとは
有料老人ホームの選び方の
ポイント
高齢者専用賃貸住宅(工事中)
用語の説明
専門家の紹介
相続(争続)について
高齢化に伴う住まい環境
お客様の声
ビジネスパートナー
お役立ちリンク集
料金表
個人情報の扱い方
LTCの紹介・連絡先
お問い合わせ
■□■□■□■□■□■□■□■□■


ケア付きマンション

マンション(分譲/賃貸)に緊急通報や食事サービスがついているものです。要介護になった場合は、外部の在宅サービスを利用し、介護度が重度になった場合は、別途施設への入居も検討が必要。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


ホームヘルパー


介護スタッフ。ホームによってはヘルパー資格を持たない介護スタッフもいます。
ホームヘルパーは3級(家事支援サービス)、2級(身体介護)、1級(ヘルパー管理も可能)の3段階があります。ただし、技術が優れていることが介護スタッフとして優れているとは限りません。技術面に加え、顧客サービスとしての対応力も備えてほしいものであります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


ケアスタッフ

介護スタッフ。資格が必ず必要とは限りません。看護師兼務の場合もあります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


介護福祉士

介護についての国家資格。介護実技はもちろん、様々な知識をもっている専門家。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


ケアマネージャー

介護や支援を必要とされる方に対して、主にケアプランの作成や管理を行う。介護保険制度が創設されてからは、医療・介護・保健の各分野を横断的につなぐ専門家として、制度を支える中心的な役割を担っている。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


PT/OT

PT…理学療法士…リハビリなど科学的な両方を使って指導する専門担当者。
OT…作業療法士…心理面なども考慮し日常生活に支障がないよう訓練してくれる専門担当者。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


特定施設入所者生活介護

有料老人ホームでの介護サービスが「特定施設」として介護保険の給付対象になるもの。そのためには、人員、設備、運営に関する基準を満たし、都道府県知事から事業者指定を受けることが必要。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


重要事項説明書

事業者やホームの概要、サービス、料金、スタッフの体制などホームに関する重要な内容を一覧にしています。国が標準で定めた書式。書面だけでなく充分な説明も義務付けられています。しっかりなされていない場合は「消費者契約法」に基づき取り消すことが出来る。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


第三者評価

事業者の提供するサービスの質を公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場から評価すること。


■□■□■□■□■□■□■□■□■


ファイナンシャルプランナー

個人の家族構成をはじめ、収入・支出の内容、資産・負債、保険など、あらゆるデータを集め、現状を分析し、個人のライフプラン上の目標を達成するたのトータルな資産設計を行い、その実行を手助けする専門家。
AFP:国内協会資格、CFP:国際資格


■□■□■□■□■□■□■□■□■


福祉住環境コーディネーター

高齢者の身体機能や生活状況を十分に考慮し、医療、福祉、建築などに関する知識を身に付け、サービスや制度の活用、住宅に関するさまざまな問題点やニーズを発見し、各専門家と連携をとりながら解決していく専門家。


(C) 2005 Life Total Consulting. All rights reserved.